天気予報

10

-1

みん経トピックス

高知で「ふくし就職フェア」高知で「ひのみこキッチン」

高知中央高ダンス部が2つの全国大会へ ロックダンスで日本一目指す

高知中央高ダンス部が2つの全国大会へ ロックダンスで日本一目指す

左から田所麟太郎さん、阿部瑶平さん、町田颯太さん

写真を拡大

 高知中央高校(高知市大津乙)ダンス部が今夏開催の「全国高等学校ダンスドリル選手権」と「ダンスドリル2017」への切符を手にした。

6月に予選を突破した阿部瑶平さん、町田颯太さん、渡邊葉月さん

 1月に行われたダンスドリルウィンターカップで全国1位(ヒップホップ男女混成部門Small編成)輝いた同校。今年の代表には阿部瑶平さん(3年)、町田颯太さん(3年)、田所麟太郎さん(2年)、渡邊葉月さん(2年)の4人が出場する。

 ダンスドリルはヒップホップやジャズダンス、リリカルなど計14カテゴリーに分類される。出場チームはバスケットボールコートと同じ広さ(15メートル×28メートル)で演技を競い合う。日本高校ダンス部選手権大会はビジュアル、エンターテインメント、テクニック、音楽、スペシャリティーの5項目で、各10点満点で評価される。

 4人が展開するのは、激しい動きから突然静止しポーズをとる(ロックする)スタイルが特徴の「ロックダンス」。振り付けを担当する阿部さんは「自分たちのように少人数(2~3人)で構成されたチームは少ない。その分目立つが個々の実力が問われる。ダンスドリルでは全カテゴリー中、総合1位になることが目標。日本一を決める舞台で会場の目を『LOCK』したい」と笑顔を見せる。

 ダンスドリルに参加する田所さんは「3年生の2人にとって大きな大会はこれが最後。子どものころから培ってきた力を全て出してほしい。自分も2人に負けないよう、最後まで練習して大会に臨みたい」と意気込む。

 全国高等学校ダンスドリル選手権は8月12日・13日(東京都体育館)。第10回日本高校ダンス部選手権は8月16日(パシフィコ横浜 国立大ホール)で行われる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング