天気予報

14

4

みん経トピックス

高知の「王様ラーメン」話題高知の竹で作る電気自動車

高知・南国に農園レストラン「TRITON」 地産地消コンセプトに

  • 0
高知・南国に農園レストラン「TRITON」 地産地消コンセプトに

レストラン外観

写真を拡大 地図を拡大

 高知に10月19日、農園レストラン「TRITON(トリトン)」(南国市大埇乙)がオープンした。

内装風景

 高知県内にレストランなど18店舗を展開する「現代企業社」が運営を行う同店。同社初の試みとなる「地産地消」をコンセプトに、使う食材の8割以上を県内でそろえる。内装には国指定近代化産業遺産「旧藤村製糸工場」取り壊しの際に譲り受けたという鉄骨の一部を再生利用している。

 農地を活用した敷地面積は1800坪。駐車スペースは80台。席数は全120席。30人以上の団体利用にも対応する。店内には焼きたてパンを販売する「黒猫ベーカリー」を併設する。

 目玉メニューは、高知特産の「シイラ」を使った魚料理、南国市の「ごめんシャモ研究会」が飼育するシャモを使ったシャモ料理、斎藤牧場(南国市)の牛乳を使ったパンなど。

 そのほかのメニューは、「ごめんシャモのスパイス焼き」「四万十鷄のハーブ焼き」(以上1,980円)、「土佐赤和牛のグリル」(1,800円)、「ミートローフのステーキ」「マヒマヒ(シイラ)のグリル」「マヒマヒ(シイラ)のパン粉揚げ」(以上1,080円)、「ホクホク元祖三角コロッケ」(600円)、「ごめんシャモ肉の手羽先の蜂蜜焼き」(1,000円)、「ごめんシャモ肉の特製スープスパゲティ」(1,280円)、「森番のスパゲティ」(1,080円)など。

 大西みちる副社長は「高知県産業振興計画の地域アクションプランに採択され、行政、JAのバックアップ受けることができた。お客さま、生産者の方々全ての人々に喜んでもらえるよう地産地消に本格的に取り込んでいく。多くの人に足を運んでいただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は9時~22時30分。

グローバルフォトニュース