天気予報

25

20

みん経トピックス

高知大生が限界集落再生計画高知でマスクお見合い

高知で「第27回Tシャツアート展」、9歳の小学生が砂浜大賞を受賞

  • 0
高知で「第27回Tシャツアート展」、9歳の小学生が砂浜大賞を受賞

第27回Tシャツアート展

写真を拡大

 高知・砂浜美術館(黒潮町入野の浜)で5月2日~5月7日、「第27回Tシャツアート展」が開催された。

写真撮影を楽しむ来場者

 浜辺に打った杭(くい)にロープを張り、洗濯物を干すようにTシャツを展示する同イベント。世界中の応募者から届いた1025枚の個性溢れるTシャツが砂浜に並び、会場は県内外から訪れた多くの来場者でにぎわいを見せた。

 同イベントの開催期間中には優秀作品を選ぶ審査が行なわれ、今年の審査員は絵本作家の宮西達也さんが務めた。砂浜大賞に黒潮町の楠目蒼(あおい)さん(タイトル=でかいクジラ)。優秀賞に高知県の田内可苗さん(タイトル=いきものたち)と岡山県の小野加代子さん(タイトル=春)が選ばれた。砂浜大賞には10万円、優秀賞には各5万円が進呈される。

 会場に訪れたカップルは「毎年楽しみにしている。こんなに気持ちいいイベントはほかにない。ここはサーフィンができるポイントでもあるので、自分は出来ないがサーフィン鑑賞も楽しめる」と笑顔を見せた。

 砂浜美術館の村上さんは「天候にも恵まれ、会場ではTシャツの「ひらひら」の風景を通じて、たくさんの笑顔に出会うことができた。ひらめくTシャツの隙間から見える空、波の音、はしゃいで遊ぶ子どもたち全てがこの美術館(イベント)の作品。気持ちのよさを、みなさまに感じていただけたと思う」と語った。

 展示後のTシャツは5月下旬に作者の元に届けられる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング