天気予報

20

18

みん経トピックス

高知のバーが5周年高知でドキュメンタリー映画

高知・「土佐の食1グランプリ」閉幕 ご当時グルメナンバーワン決まる

  • 0
高知・「土佐の食1グランプリ」閉幕 ご当時グルメナンバーワン決まる

優勝した軍鶏ッケブース

写真を拡大

 こうち旅広場(高知市栄田町)と岡豊山さくらまつり会場(南国市岡豊町)を舞台に4月4日・5日、「土佐の食1グランプリ」が開催された。

優勝を喜ぶ「軍鶏ッケ」チーム

 今回で6回目となる同イベント。県内からスイーツを含む新グルメが23種類のほか、会場全体で約40品のご当地グルメが集まった。10時の開場時間から来場者は途切れることなく続き、各ブースには来場者で長蛇の列ができていた。

 人気投票では南国市の高知農業高校畜産科と企業組合「ごめんシャモ研究会」が共同出品した「シャモ肉」を使ったコロッケ「軍鶏(シャモ)ッケ」が1057ポイントを獲得し初優勝。2位はアジフライ「龍禾(りゅうか)ガリあじ」(高知市、868ポイント)、3位は鶏の空揚げ「柚子(ゆず)酢どり」(馬路村、671ポイント)、スイーツ部門では「西島イチゴのパンケーキ」(南国市、554ポイント)が特別賞に選ばれた。

 2会場で行われた同イベントの来場者数は2日間で計2万8000人ほど。南国市会場を訪れた男女2人組は「楽しませてくれるイベント。今回は空揚げとコロッケで迷い、話し合ってコロッケに投票した。高知に住んでいるが、初めて食べるご当時グルメがたくさんあり面白い」と笑顔を見せていた。

 優勝した「ごめんシャモ研究会」の野村さんは「学生たちと一緒に成し遂げた快挙。会場では多くの人に『おいしい』の声をもらえてうれしかった。すでに『軍鶏ッケ』に関する問い合わせも多数頂いているので、商品化を急いでいる」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング