天気予報

17

9

みん経トピックス

高知・土佐の「おきゃく」高知の料亭で落語公演

高知発のロックバンド「ヒゲンジツシュギ」、ファーストアルバムを全国発売へ

高知発のロックバンド「ヒゲンジツシュギ」、ファーストアルバムを全国発売へ

ファーストアルバム「光と影」

写真を拡大

 高知と東京を拠点に活動するロックバンド「ヒゲンジツシュギ」が3月11日、ニューアルバム「光と影」を発売する。

ヒゲンジツシュギ

 初のベストアルバム(16曲入り)を制作した同バンド。地元高知と東京を中心に、全国各地のライブハウスや音楽イベントに出演。学校や社会福祉系の催しでは、「生きることの大切さ」をテーマに講演活動をするなど幅広く活動している。

 メンバーは高知出身の「宮地克也」(ギター・ボーカル)さんと神奈川県出身の「はんやるはるや」(ギター)さん。宮地さんは大学卒業後、地元の役場に公務員として就職するも、2年目に重度のうつ病を患い休学した経験を持つ。はんやるはるやさんも中学時代にいじめ受け、引きこもり状態が長く続いたという。

 宮地さんは「何度も命を絶つことを考えた時期があった。だけど鬱(うつ)やいじめを経験しなければ、音楽やメンバーにも出会わなかったと思う。『ヒゲンジツシュギ』とは、理想主義でもなく現実主義でもない、自分たちの『軸』で世の中を見ようという意味の造語。『光と影』にはたくさんのメッセージを込めている」と話す。

 同アルバムは3月11日より、全国のCDショップやAmazonなどのオンラインショップ、オフィシャルサイトで購入できる。価格は2,500円(税別)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング